読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取県米子市 自分を癒し、本当の自分に気づく ホリスティックサロン「絆月(きづき)」ブログ

鳥取県初!ホリスティカルハーブテント®常設サロンです。 オーナーの宮下(みやもと)みどりが、日々のこと、生活のヒント、雑学など書いていきます。サロンの予定も書きますよ。

レイキについて

おはようございます。

ホリスティックサロン「絆月(きづき)」の宮下みどりです。
ご想像どおり、昨日も力尽きて眠ってしまった私です。
昨日は新月ということもあったのかもしれませんね…。



ところで、
みなさん、レイキ(霊気、Reiki)というものをご存知でしょうか?
このほど、新しく名刺を作成したのですが、その際に、所得資格を記載しまして
友人に渡したところ、「レイキってなあに?」と言われましたので、ご存じない方のために書いてみようと思った次第です。


f:id:midori-miamoto:20161130092303j:plain


ものすごく短く言うと、
臼井甕男(うすいみかお)氏が名付けた手掌療法(ハンド・ヒーリング)のことです。

臼井甕男氏はこの方です。(画像はネットよりお借りしました。)

      f:id:midori-miamoto:20161130092622j:plain



あまりにも短いので、もう少し書きますと、
臼井甕男氏(1865年~1926年)は、イエス・キリストが行ったと言われる奇跡(治病法)の研究を長年行って、その結果、サンスクリット語で書かれた経典の中に「宇宙生命エネルギー」を活性化し、活用するカギを見つけました。 そして、京都の鞍馬山で21日間に渡る瞑想と断食を行い、天啓を受けて手掌療法(ハンド・ヒーリング)を体系化されました。 その方法に「霊気(レイキ)」と名付けたのです。

これが、レイキの始まりです。

その後、臼井氏は多くの人々の心身を癒す旅を続け、晩年に林忠次郎氏らに、その秘伝が伝えられました。レイキは、林氏から治療を受けて秘伝を伝授されたハワヨ・タカタさんというハワイ生まれの日系人女性によって、ハワイからアメリカ、ドイツ、オーストラリアなどに急速に普及していきました。
日本には、逆輸入の形で伝えられ、そのヒーリング効果の高さから多くの人に知られるようになったのです。


京都の鞍馬山はこんな感じのところです。私も2回行かせていただきました。
(こちらもネットよりお借りしています。)
f:id:midori-miamoto:20161130093200j:plain

f:id:midori-miamoto:20161130093126j:plain


何とも、言葉で表現しつくせない場所です。
また行かせていただきたい、そう思える場所でした。



ちなみに、レイキには4つのディグリー(段階)があります。

★レイキⅠ(ファースト・ディグリー)
 ヒーリングの基本を習得
 ファースト・ディグリーは、4回のアチューンメント(レイキのエネルギー回路を
 開く方法の伝授)を受けて、ハンド・ヒーリングのテクニックを習得します。
 身体を活性化して、バランスを整えることができるようになります。

★レイキⅡ(セカンド・ディグリー)
 3つのシンボルを使ったヒーリング能力の向上
 セカンド・ディグリーでは、3つのシンボルのアチューンメントを受けて、その
 シンボルとマントラを用いたハンド・ヒーリングのテクニックを習得します。
 遠隔ヒーリングもできるようになります。

★レイキⅢ(サード・ディグリー)
 高次元波動とつながり、ハイアーセルフと出会う
 3回のアチューンメントによって、高次元のエネルギーとつながります。この段階で
 第4のシンボルとマントラを学びます。高次元の存在、ハイアーセルフの波動を受け
 取ることによって、魂の曇りを浄化し、精神的成長が促進されます。

★レイキⅣ(ティーチャーズ・ディグリー)
 レイキ指導者の養成コース
 1回のアチューンメントを受けて、よりスピリチュアルなレイキ・エネルギーを活用
 することができるようになります。他の人のレイキ・チャンネル(エネルギー回路)
 を開くアチューンメントの方法など、指導者として必要なことを学びます。



レイキというのは、簡単にお話しすると、こういうものなのです。
自分を癒し、自分の過去も癒し(レイキⅡ以降)、家族や友人にも、ハンド・ヒーリングを行えるようになるのです。


私はレイキが好きで、この資格を取得しました。


気になる方、興味がある方は、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム


それではみなさま、今日もよい一日をお過ごしくださいね。