鳥取県米子市 自分を癒し、本当の自分に気づく ホリスティックサロン「絆月(きづき)」ブログ

鳥取県初!ホリスティカルハーブテント®常設サロンです。 オーナーの宮下(みやもと)みどりが、日々のこと、生活のヒント、雑学など書いていきます。サロンの予定も書きますよ。

ホリスティカルハーブテント®に入るときの流れ

みなさんおはようございます。


鳥取県初、ホリスティカルハーブテント®導入サロン「絆月」の宮下みどりです。
医学知識も活用しながら、東洋医学も交え、さらには、エネルギー的なことも(スピリチュアルと言われることも)ふまえて、みなさんの健康と癒しをサポートします?


ハーブテント®
ご存じない方も多いようでして、イメージが全くわかない…という方もいらっしゃるので、流れを説明させていただきますね。


f:id:midori-miamoto:20161124021320j:plain

↑テントに入っていただいているときは、このような感じなのですが…。


入る前に、まず、テント側と皆さんの準備をします。

テントは、この椅子の下で、グリル鍋を使ってハーブを煮ます。

f:id:midori-miamoto:20161206064448p:plain ←グリル鍋って、こういうものです。

ここにお水と、ご希望のハーブを入れて、椅子の下で煮るようにして、テントの中をハーブのミストでいっぱいにします。

ハーブについてはこちらに詳しく書いてあります。

今より人生が楽しくなる! ホリスティカルハーブテント

f:id:midori-miamoto:20161122211250p:plain



その間、みなさんには、服を脱いでいただき、バスタオルを巻いた状態にしていただきます。生理中でも、使い捨ての紙パンツを差し上げますので、入ることができます。
(もちろんパーテーションで遮ったところで着替えていただきます。ご希望の方は、事前に血圧測定など行うことができますよ。)
素足になっていただくので、使い捨てスリッパもご用意させていただきます。(自宅サロンではないので、用意します。)


そうして、テントの中がミストでいっぱいいになったところでテントイン!
高濃度炭酸足湯もセットで、体の芯から温まります。

f:id:midori-miamoto:20161206071627p:plain f:id:midori-miamoto:20161206071701p:plain

炭酸足湯にお花は入れませんが…(イメージ映像です。華やかな足湯。)
どれだけ高濃度の炭酸かというのは、この青いボールをみていただくとイメージしやすいと思います。足がこのようにアワアワのシュワシュワ.。o〇になります。

そしてジンジャーティーも飲みながら入っていただくんです。
(辛いのが苦手な方には、ジンジャーでも甘めのものをご用意します。)


初めは20分でタイマーにしておきます。その間、深呼吸をして肺の毛細血管からもハーブを取り入れ、瞑想・イメージをしていただいたり…気楽に入っていただいて大丈夫です。
20分経過したところで、体調を確認、あと5分延長するかお聞きします。
延長された方は、さらに5分後、もう5分延長されて最長30分にされるかお聞きします。
30分入られたら、テントから出ていただきます。

私の場合、5分を過ぎたあたりから汗をかきます。
そして、これは雨漏り?というくらい、ポタポタと落ちるくらいの汗をかきます。


ハーブテントに入っていただく前には、しっかり水分補給されて、終了後にも多めに飲んでいただくことをお勧めします。


こうしてテントから出て、着替えていただきテントは終了です。
髪が濡れてしまった方には、ドライヤーもお貸ししますし、メイクを直していかれるかたは、直されてくださいね。
私はすっぴんで入って、テント後に顔を洗い、基礎化粧品→メイクをして帰る…ということをやっていました。


いろいろ含めて、メイクも入れるならば1時間くらいで全行程が終わる感じです。


いかがでしょうか?
なんとなくイメージできましたでしょうか?



バスタオル2枚とメイク用品、必要な方はテントの中で汗を拭くフェイスタオル、を持ってきていただければ、あとは足湯の後の拭き上げタオル、飲料、ドライヤー、などはこちらでご用意させていただきます。


これで税込み5,000円はかなりお得だと思いますよ~✨


まだ間がありますが、
来年1月28日(土曜日)鳥取県立武道館にてお待ちしています?


お申込みはこちらまで?

イベントお申込みフォーム



それではみなさま、今日もよい一日をお過ごしくださいね☆