鳥取県米子市 自分を癒し、本当の自分に気づく ホリスティックサロン「絆月(きづき)」ブログ

鳥取県初!ホリスティカルハーブテント®常設サロンです。 オーナーの宮下(みやもと)みどりが、日々のこと、生活のヒント、雑学など書いていきます。サロンの予定も書きますよ。

無意識にやってるコントロール

おはようございます。

昨夜は氷点下で、あられがたくさん降っていた米子市です。
今朝は曇りで、ちょっとこんな風に晴れ間が…そしてまた今は曇って、雪がちらついています。山陰らしい、女性心みたいなお天気です。

こちらが晴れ間。
f:id:midori-miamoto:20170115085554j:image

これが、曇りはじめ。今は雪です。
f:id:midori-miamoto:20170115085607j:image

昨日ほど寒くはないので(気温は+です。氷点下ではなくなりました。)今日はまだよさそうな感じではあります。

 

 

さて。ちょっと自分の話を。
ちょっと重いかもしれないので、スルーする方はそうしてくださいね。


私は、長女で、しかも何故か両親よりもしっかり者…だったそうで、
反抗期もなかったそうです。

細かく言えばいろいろたくさん、映画化できるような大変なことがありましたが、
常に、しっかりりなくてはいけない、真面目に過ごさねばならない(真面目以外は悪みたいに)両親や弟を助けて、家を支える…というようなことをしてきました。

日本にいる限りは日本の法律や常識があります。
他国に行っても、その国の法律や常識があります。

その範囲内で正しい行いを…というだけではなくて、こういうふうにあるべきだ、というか、そうせねばならないように思っておりまして。
ず~っと、何もかも、我慢してきたように思います。でも我慢だとは気がついていませんでした。 当たり前すぎて麻痺していたんだと思います。

 

反抗期もない、親の言うことを全て聞く、なんでも親に報告する。礼儀正しく、敬語も使えて大人びている…。そんな子供でした。
私は2年保育の幼稚園でしたが、あまりにもしっかりして大人びていて、気持ちが悪かったのだろうと思いますが、幼稚園の先生に精神科に連れていかれて、IQ検査とか、いろいろと検査をされました。 結果は、何も問題がなく、ただ単に大人び過ぎた子供として扱われました。


これって、「いい子」の究極ですよね。

 

親にとっては手のかからないいい子だったと思います。
でも、それが当たり前すぎて、本当の自分が何なのかよくわからなくなっていました。
今の自分で使う言葉で言うと、「ハートの声」が何なのかすらわからない状態だったと思います。


それは、原因はさておき、もう「オート(自動)で自分をコントロールしている状態」だと気がつきました。(10年くらい前に。)
「無意識に自分をコントロール」していて、周りと波長を合わせ、自分が本当はどうしたいかなど考えたこともない。


すごいなと、自分で思います。

 

就職で神奈川に出た時に、「今の自分は、本当の自分ではない。このままじゃ嫌だ!」と腹から湧き出てくる衝動があり、そこから、いろいろと自分を見ることが始まりました。


例えば、怒りをコントロールするとか、怒らないようにするとか、泣かないようにするとか…。おそらく、自分の中の本当の理由(たとえば不安や恐怖など)を見ることができるようになれば、そういう感情にはならないはずなんです。 
考えないようにしよう、とか、怒らないようにしよう、とか
そう思った時点で、考えているし、怒っているんだと思います。


世間とうまくやるために、コントロールする。社会生活では必要だと思いますが、
どこかでしっかり考えたり、しっかり怒ったり、しっかり泣いたりして、自分の感情と向き合ったほうがいいと考えています。
社会生活では、女優・俳優をすればいいと思います。その演じている自分を受け入れて。その感情にいる自分もしっかり受け入れて、ちゃんとため込まないように、(やけ食いとか爆買いとかに)すり替えないようにしたほうが、心は健康だと思います。


まずは、自分のハートの声と違うことをしている、ことに気がつかねば…
そう思って、「自分を みる 」ことをしてきました。


心の傷が見えてくると、とてもしんどいです。
吐きそうになったり、泣きわめいたり、怒り散らしたり…もあります。
そんな時は、そういう傷があるんだなと、自覚するだけにとどめています。


無意識に自分をコントロールしてる自分に気がつく。

 

親元を離れて一番良かったことは、これでした。


警察につかまったりするのはどうかと思いますが…
「人と違った生き方でもいいから、私らしくいる。」というところを思い描き、
では、私らしいって何?ということになって、まず自分をしっかり感じるようにしてきました。

そうすればするほど、新しい自分の蓋、奥底の蓋、に気がつくんですが…。


無意識に(オートで)コントロールしていることがある。(かもしれない)

自分に嘘をついていたら、今までごめんね、と自分をなでなでしてあげる。



こんなことも、自分を大切にすることになるよ。と一例をお話ししました。



今日はこんな独り言。です。
読んでいただきありがとうございました。


お昼過ぎましたね。
みなさん今日もよい一日をお過ごしくださいね。


センター試験のみんな、お疲れ様です。あと半日、悔いの無いよう自分らしく頑張ってくださいね。