読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取県米子市 自分を癒し、本当の自分に気づく ホリスティックサロン「絆月(きづき)」ブログ

鳥取県初!ホリスティカルハーブテント®常設サロンです。 オーナーの宮下(みやもと)みどりが、日々のこと、生活のヒント、雑学など書いていきます。サロンの予定も書きますよ。

これって、エンジェルナンバー?

こんばんは。

鳥取県初ホリスティカルハーブテント®導入サロン「絆月」の宮下みどりです。

今日は、朝から曇り。そしてすぐに雨になりまして、結構な強さでずっと降っていた米子市です。


私は、実家が仙台なのですが、東北太平洋側というのは基本的に冬は晴れていまして、放射冷却で朝が寒いのです。 霜柱を踏みながら通学していたことが懐かしいです。
とても寒いのですが、それでも、地学が好きな私は、夜になって晴れていれば外に出て星を観たりしておりました。


高校時代地学部に入って初めて知りましたが、「ペルセウス座流星群」で有名な流星群というのは、1年のうちで無いのは数か月だけ。ほとんど毎月のように流星群はあるんです。(ですので、毎月観測会が行われ、夕方にラジオを聴きながら天気図を自分たちで書いて天気予報をして、集まるかどうかを決めていました。私は今でも天気図が書けます。ワクワクしてきます。)
ペルセウス座流星群は数が多いので、映画『君の名は』のように美しい夜空になる感じです。 ZHR(ゼット エイチ アール)【Zenith Hourly Rate】という、(1時間あたりの)天頂出現数(てんちょうしゅつげんすう=空のてっぺん、頂上に出る流星群の流星の数)が100を超えるんです。
年明けすぐの1月に観ることができる「しぶんぎ座流星群」と12月に観ることができる「ふたご座流星群」も100を超える規模の大きな流星群です。
規模の小さな流星群は、このZHRが1~2ということもあります。母体となる彗星が近づく周期などでこの数が変動する流星群もあります。

(画像はネットよりお借りしました。観測のイメージに近い写真です。)

f:id:midori-miamoto:20170217232047p:plain


山陰では、冬は曇りや雪が多く「弁当忘れておも傘忘れるな」という言葉があるほどなので、なかなか冬の流星群を観るには厳しいものがあります。
地学部時代は、曇っている場合、FM観測というFM電波を使った観測を行ったこともありました。懐かしい思い出です。


さて、話が脱線してしまいましたが、今、テント常設サロンを開店しようと準備を進めています。 先日もお話ししましたが、あの後の大雪で作業がはかどっていませんでした。 ようやく、道の雪も落ち着いてきまして、雨の中でも作業に出かけています。

今日も、一息つけるようになってから、お昼を、まだ人生で2度しか利用したことがないCoCo壱番屋に買いに行ったのです。サロンで食べようとテイクアウトで。 出来上がりを待つ間、ふっとレシートを見ましたら、

f:id:midori-miamoto:20170217232700j:plain

「1,111」の文字が!!!!

これって、エンジェルナンバーと言うものでは???
車のナンバーでは見かけますが、レシートでは4桁のぞろ目をいただいたことがなく…

www.timeless-edition.com

 

早速、Google先生に頼って検索。
色々意味があるようです。そして、ゾロ目のエンジェルナンバーを検索。

www.timeless-edition.com

 

結果を知ってびっくり!!!!!(@_@)


「エンジェルナンバー 1111
あなたの望みがすぐ実現となります。あなたが進んでいる方向は、高次の心理と一致しています。恐れを手放し、望みに集中してください。」

 

 

ありがたいことに、私が望んで始めたサロン準備、そしてサロンの在り方は、高次元と一致しているとのこと。 感謝感謝です。

このサロンを始めて、お一人お一人が輝くような、豊かになるような、心身ともに健康に、うれしく楽しく気持ちよく生きるお手伝いをする!という方針のまま突き進めばよい…と言っていただけているようで、疲れも癒されました。

 

 

エンジェルナンバー。

注意や後押し、いろいろしてくれるのですね。
初めてきちんと調べて、驚きました。
今後は数字にも注目して過ごしたいと思った今日なのでした。
(そういえばオーラソーマ®も数秘が活用されているんですよね。)

 

準備を整えて、お見せできるようになったらお店を開けて、
その後も、少しずつ充実させていく方向で進んでいこうとしています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

それでは、みなさん良い夢を。
お疲れが取れますように。
そして素敵な1日をお過ごしくださいね。